見つけてしまったが最後

語彙力の限界に挑んでいます

伝統と未来が交差する街

 

私は東京という街が嫌いだった

 

 

ど田舎生まれ、ど田舎育ちの私はテレビで見る東京の喧騒の中に自分がいることすら想像していなかったし、特別な憧れもなかった。普通なら田舎育ちだと東京に特別な憧れを抱くことの方が多いらしいけど、真逆。別に興味ないし、上京したい!という気持ちもなかった。

 

 

だから大学受験で大コケして、本来行く予定ではなかった東京の大学に進学すると決まった時は毎日泣いたし、荷造りも進まなかった。アパートだって別にどこでもいい…と親に投げやりに言ってしまったし、今では笑い話だけど、上京して3ヶ月で体重が10kg減るくらい、東京という街があまりにも自分に合わなくて、ストレスでしかなくて、私の「負け」が証明される街でしかなかった。辛すぎて毎日「実家に帰りたいよ〜😭」って思ってたし、出会ってなければ大学やめていたかも知れない大学の友達に卒業する数ヶ月前、「ぶっちゃけ入学した時、この子このまま放っておいたらしんじゃうかも…って思ってた」って言われてゴメン…ってなった。マジでゴメン…。

 

 

でも大学の卒業式に来ていた親に「アンタのあんな笑顔、初めて見た。地元にいた頃は絶対あんな顔しなかった。」って言われてなんか…逆にゴメン……ありがとう……って思った…。

東京で過ごした時間はきっと私にとってかけがえのないもので、東京でしか味わえない出会いや体験がたくさんあって。今思えば嫌いだった東京はいつのまにか好きになってて。新宿の都会的だけど人間臭いところとか渋谷の最先端なところとか池袋のごちゃごちゃしてるところとか吉祥寺の良い具合の都会感とか有楽町の洗練されて背伸びできるところとか六本木のアツイ夏とか(それはEX)。

 

 

とにかくもう不思議な街だと思う、東京って。いや、私がただ変なだけかもしれないけど。

 

 

結局私は「東京は住むところじゃない…遊びに来るところだ……」って思って就職は地元にしちゃって今はゴリゴリの地方民Jr.担してるけど…。人生何があるかわからないから今の仕事急にやめて東京に就職する!とかなる可能性もあるけど、残念ながら今年入って色々あって自分で予定してた人生がすぐには出来なくなったから当分はこのままかなあ…まあ、知らんけど。今は目の前のことをこなすことで精一杯だなあ……なんやこの人生…。いやでも運良く藤井直樹くんに出会えた人生だし最高だな……。

 

 

結局、今の私にとって東京は「理想」なんだよ。田舎で働いて、田舎に住んでいるからこそ今の地元は「現実」でしかない。逆に東京に住んでいた頃は東京が「現実」で、地元が現実逃避できる「理想」だったから帰りたくて仕方がなかった。

 

 

いま、そんな東京が理想の地方Jr.担だからTokyo Experienceに恋い焦がれて胸を締め付けられる。

 

 

キンプリアイランドで初めて聞いた時から、耳心地いいメロディーと「僕らとTokyoで会いましょう」というキラーフレーズが中毒性があって。

 

アイランドでは美 少年はこの曲、そんなに出番なかった(よね…?)からもっとガッツリこの曲で見たいな〜!って思ってたけど、この間のクリエでその夢も叶ってやっぱり最高の夢曲だわ…って思った。

 

伝統と未来 交差するこの街で スペシャルを体験するEveryday

 

一生一度の 最高のときめき きっと感じる街なんだ 特別な時間 君も今すぐおいで Tokyo

 

東京を「伝統と未来交差するこの街」って言われるともう地方民ひれ伏すしかない。そうだよ…東京は……伝統と未来が交差してる不思議な街だよ……。

 

そして一生に一度くらいの最高のときめきを東京で味わってる私は、このフレーズは魔法の言葉でしかない。最高のときめきって、藤井直樹くんと出会ってしまった日ですけど……。

 

歌詞もめちゃくちゃ刺さるけど、メロディーも刺さる。聞いたことあるようなどこか懐かしみを感じる曲調なのに、キャッチーでおしゃれ。ついつい鼻歌歌ってしまう。しんどいな、東京行きたいな。

 

大好きな男の子に「僕らとTokyoで会いましょう」って言われたら、もう地方民Jr.担、無理じゃない?人生狂っちゃうよな。藤井くんに東京で会いたいよ。

東京に向かう飛行機の中での気分はまさにTokyo Experienceだもん。早く夏にならないかな。早く藤井くんに会いたいな。

 

 

東京で会う藤井くんにいつも最上級のときめきをもらって、スペシャルな体験をもらって。さらに好きを募らせて地元に帰って、東京にいる藤井くんに想いを馳せてるってよくよく考えたらすごいことなのかもなあ、と思う。それと同時に藤井くんにはこんなオタクの存在は一生知られたくないなあっていう複雑な気持ちになるけど。

 

よく考えたら、藤井くんって東京でしかまだ会えないんだな。地方公演ってまだやったことない…よね…?デビュー組のツアーバックで全国回ったこともないよね……。いつか、藤井くんの夢である世界進出できると良いなあと思う反面、ワガママなオタクは地元で藤井くんに会えたら最高だなあ…って思ってしまうけど、東京で会えるからこその特別感とあるしなあ…って色々とグルグル考えてしまう。そして考えるのを放棄して東京行きの飛行機のチケットをとりあえず取ってしまう。脳みそないんか。もうすでに次の東京行きの飛行機とってる。すぐ東京行くじゃん私…。全然行ってないなあ…って自分で思ってしまうけど、東京行った時にインスタのストーリーあげると「また来てんの!?(笑)」「今日は誰のコンサート?」ってコメントつけられる、ウケる(ウケない)

 

 

 

色々と書いたけど、東京って今の私にとって理想の街で藤井くんに会える特別な街なんだよね〜って話です。きっと。

 

早く東京で藤井くんに会いたいなあ。まあ、なんだかんだ言って藤井直樹くんは千葉の男ですけど……。

 

 

 

藤井直樹くんと金指一世くん

 

 

本当にはてブロ書くのウケる。いやでも…ねえ??

 

f:id:ssrrb:20190504222733j:image

 

 

ハーイ!!!!ふじかな案件です!!!!!

 

 

いま泣いてる。まず、今日の美‪Tube‬の更新内容が「クイズ藤井直樹」の時点で泣いてる。令和初の神コンテンツ「クイズ藤井直樹」。みどりの日爆誕した最高の癒し動画「クイズ藤井直樹」。

 

 

 

ふじかなブログ、つい最近も書いたから中身が重複してしまいそうなんだけど、「一世は息子」発言があまりにも分かる……ってなったので…。

 

 

まずなんでこんな発言が出たのか…。発端は「クイズ藤井直樹」での最終問題…。「藤井直樹くんが弟にするなら?」の回答よ…。美 少年のことを知っている人なら9割強は答えに「金指一世くん」を予想していただろう問題。しかも金指くん本人もそうであってほしいという希望を込めて自分だと回答しているなか…

 

 

 

 

 

正解:那須雄登くん

 

誰が予想しただろうか……。そりゃあ、龍我ちゃんと浮所くんはスケッチブックを落とすし、スタッフさんは大爆笑だし、那須くんは動揺して歌舞伎始めちゃうわ…………。

 

そんな中での「一世は弟というより息子」発言…。リピートアフターミー

 

一世は弟というより息子

 

ハァァァァァ…尊い……

 

そうか…。藤井くんにとって金指くんは息子か…。息子…。息子って…。息子ってなに…。

 

最終問題の答え発表されてからの金指くんの表情を見ると涙ちょちょ切れるけど、冷静に考えてほしい。18歳の男の子に親心を芽生えさせる15歳の男の子がいるという事実。魔性じゃん、そんなの。

 

まあ、そうだよね…。息子…。息子かあ…。だんだん息子って文字見すぎてゲシュタルト崩壊してきたし、「息子の定義とは?」と思い始めて調べたわ

 

親にとって自分の子である男性。せがれ。(出典:デジタル大辞泉 

 

ですよねーーーー!!!!!知ってたーーーー!!!!

 

そりゃそうだ…。男の子供のことだよ…。

 

 

ここまで書いて、私、とんでもないことに気付いてしまいました。

 

 

兄弟は二親等

親子は一親等

 

 

めちゃくちゃ近いやん!!??

 

これは…。いや…藤井くんはそんなの意識してないだろうけど…。息子ってことはもし万が一相続関係の問題に直面した時配偶者いたとしたら二分の一くるじゃん…。かなぴ一人っ子だもんね…。……待って、配偶者て…。配偶者…。自分で言ってダメージ受けるのやめて?(私)

 

そして、親子って言っても藤井くんはパパじゃなくてママなんだよな…。金指くんのことを褒めて褒めて褒めちぎり、優しく温かく見守り大切に大切に育て上げた概念上のママ…。え~…しんど…。藤井ママ…。

 

 

ここまで色々書いてきたけど、今一度思い出してほしい

 

f:id:ssrrb:20190504235222j:image

 

まさかの金指くんがお兄ちゃんにしたい人も那須くん!(笑)

 

ふじかなの理想の兄弟、那須雄登…。こりゃ那須くんのリアル弟くん、最高なんかな…。

 

 

趣深いシンメこと、ふじかな…。今後の動向からも目が離せませんね…。

 

 

そんなシンメふじかなが堪能できる動画「クイズ藤井直樹」どうぞご覧ください

 

youtu.be

 

 

 

金指一世くんと藤井直樹くんのシンメ

 

みなさん、購入した雑誌ってどうしてます?

 

これオタク人生最大と言っても過言じゃないくらいの悩み。学生の頃は今よりずっと自由に使えるお金って少なかったから自ずと優先順位をシビアにつけて、雑誌もものすごーく吟味して買ってたけど、社会人になってから金銭感覚もともとバカなのに更にバカになって優先順位つけらんない。先週給料日だったのに色々と計算したらほぼ手元に残らない事態になってる、これは本気。9割来月のクレカの引き落とし。クレカとカードローンは死ぬほど怖いと学んだ社会人1年目…。みんなも気を付けてね…。カードローンは身を滅ぼすよ…*1。そんな金銭感覚瀕死オタクだからドル誌も毎月5誌きっちり最近買ってしまう。もはや購読した方が楽だしきっと割安なるのに。でもすこぶる人生楽しい。お金で買える幸せが増えてうれしい。働く意味だ…。

 

まあ、そんなわけで毎月雑誌が増えてしまう。本棚がいくつあっても足りない。しかも本末転倒過ぎるけど買って満足してるから美 少年のページ読んで「かわいい…ッ!」って思ってすぐ閉じて雑誌タワーの頂上に乗せてしまう。Twitterにも感想も何も呟かず。粛々とアンケートに「今月も藤井直樹が天才で最高でした」と書き殴って終わる。なんなんだ…!

 

 

 

だけど、アンケートに書き殴るだけじゃどうしても気持ちが収まらないことがあって。

 

 

 

 

 

金指「あ~あ、藤井くんが同じ学校にいたらよかったのになあ(笑)」

 

え??????

 

金指「あ~あ、藤井くんが同じ学校にいたらよかったのになあ(笑)」

 

 

え???????????

 

 

金指「あ~あ、藤井くんが同じ学校にいたらよかったのになあ(笑)」

 

 

え!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

この一文読んだ瞬間、「かわいい!(雑誌即閉じ)」はさすがに出来なかった。「…え、かなさしくん…」って呟きながら静かに雑誌閉じた。結局雑誌は閉じる。そしてもう一度雑誌を開いて噛みしめながら、ふじかな対談を読み返す。途中、

 

金指「気心が知れているメンバーがいれば充分なんだけどなあ(笑)」

 

で、ウ゛ッ…ってなりながら、読み進めるともう一度「あ~あ、藤井くんが同じ学校にいたらよかったのになあ(笑)」にたどりつく。また静かに噛みしめながらため息ついて雑誌を閉じる…。また開いて…の繰り返し。とんでもねえ。とんでもねえふじかな対談読んじゃったな…。

 

 

そもそも、金指一世くんと藤井直樹くん、とんでもなくしんどいシンメなんですよ!知ってた!?知らない!?じゃあ教えます!!しんどすぎる!!!!

 

 

金指くんと藤井くんって歴も違うし、年齢も3つ違うから中高は絶対被らないし、3秒笑ってた子が出来たてフレッシュでBYAKUYAで注目が集まり始めていた時期のクリエでポーンと加入したじゃん。金指くん本人も、メンバーも、その時期ものすごく頑張ったと他担ながら思ってたから、いま反抗期も収束してきた金指くんがそう思ってたりYouTubeやISLAND TVで楽しそうにヘラヘラ笑っているのを見ると涙出てくる。

 

そんな中、藤井くんにとって金指くんは初めてのシンメで。まず藤井くんがジャニーズにおけるシンメの意義を分かっているのがたまらん。色んなインタビューとか聞いてると当時、藤井くんが金指くんにどう接していたかとかお互いどう思ってたとか分かってエモエモすぎて泣いちゃうんだけど、そんな中で何年前だろ…。結成1年目とかかな。いかんせん雑誌の管理が出来てないので探せなかったんですけど、前に雑誌で藤井くんが「シンメが出来て嬉しかった」って金指くんとの対談で話すの。面と向かって。

 

単純にすごくない?当時藤井くんは確か高2とかで金指くんは中2とかかな?ごめん、記憶辿ってしゃべってるから違うかもしれないけど確かそうだった気がする。

私の偏見かもしれないけど、その年代の男の子って強がっちゃって素直に話せないのかなって思ってたから、ちゃんと言葉にして金指くんに伝える藤井くんがたまらなく愛おしかったんだよ…。

 

まあ、その発言を受けて当時まだまだお子ちゃまだった金指くんは「高校生が中学生に頼るの変じゃない?」って言ってんすけど…。お子ちゃまかつ反抗期ィ…。まずシンメってどういうことか分かってなかったんだと思うけど…。分かんないよね…。大丈夫だよ…。あと単純に、分かんないことはとりあえず何でもかんでも藤井くんに聞いて教えてもらったり、金指くんが「1人で買い物行く」って言ってたけど心配すぎて藤井くんもついて行ったりみたいに、金指くんにとって藤井くんは優しいお兄ちゃんだったのかなあって思うとあんまりピンとこないかなあ、とも思う。ただでさえ中学生って高校生が自分よりはるかに大人に見えるし。

 

そんなふじかなも、去年末くらい?今年入ってから?これもまた雑誌探せないんで分かんないんですけど、金指くんがよく「藤井くんは僕のシンメ」的な発言が多くなってきて。シンメ厨、歓喜の舞ですよ。お互い、シンメ、意識、してる、とても、最高、良い、ふじかな、尊い

 

そんな中での今月の「あ~あ、藤井くんが同じ学校にいたらよかったのになあ(笑)」は心に刺さりまくる。私が過敏に反応しすぎているとは思うけど、それでも!!たまらなすぎない!?

 

一人っ子の金指くんにはきっとジャニーズに入ってからたくさんのお兄ちゃんが出来たと思うの。神宮寺くんは代表格だけど、ハイBも含め色んな優しいお兄ちゃんがいると思うの。これは私の押し付けに過ぎないんだけど、いつまでも金指くんにとって藤井くんが終身名誉SSランクお兄ちゃんだったらいいなあ…って思うの…。深読みオタクなので、「あ~あ、藤井くんが同じ学校にいたらよかったのになあ(笑)」に絶大な信頼を寄せているのかな…って思えて最高。金指くんと藤井くんが出会った時点で、同じクラスどころか先輩後輩として同じ学校に通えない年齢差だからそれは現実的に難しいことも分かってるし、なんならなんとなく冗談で発した何気ない一言だったろうけど、その一言が「ふじかな」を物語っているようで…。

 

お仕事をもうしているから、きっと同年代が学校という社会で過ごすことが大部分を占めている中、他の社会も知っているだろうけど、その他の社会で出会ったお兄ちゃんがもう一つの社会にもいたらいいなあって思っているのってすごくステキだなあ…って思いましたね…。ふじかな…。最高だよふじかな…。ふじかな…、一生推す。

 

そもそもで、このブログ自体も「ふじかなSHAKEがしんどい」っていう記事書きたいがために開設しているので、久しぶりにふじかなのお話が出来て最高でした。ふじかな、俺が一生守る。

 

 

ふじかな本当しんどいよなあ…。まず、メンバーカラーはピンクと緑って時点で運命。

f:id:ssrrb:20190421182633p:plain

補色関係…。メンカラでお互いを引き立たせ、自分も一番輝ける…。天才…。メンカラ赤青もエモエモだけど、私は緑ピンクシンメも好きなんだよなあ。この話はゴリゴリのじぐいわ厨だった時もよく話してたけど。運命っぽくない?いまはターコイズブルーになって違うけど、正直ふじかなたまらんな…って思い始めた頃メンカラが一緒だったからこれは推すと確信してましたね…。

 

 

 

 

 

これからクリエあるし、ふじかなデュエットを期待しつつきっと片付けは出来ないんだろうけど、今後の雑誌の対談等でふじかなの動向に注目していきたいと思います。ちなみに最近藤井くんは金指くんのことを「いちぇぴこ」という専ニクで呼んでいます。今後が楽しみですね。

 

 

f:id:ssrrb:20190421183752j:image

ふじかなは最高のシンメ

 

 

*1:個人的見解

野口衣織ちゃんという女の子

 

私は人生で3回、「恋に落ちた」と一目惚れを実感した瞬間がある

 

 

1回目は高校2年生の時。雑誌のページをめくった瞬間。そこに写っていたのは中島健人くん。

 

2回目は大学3年生の冬。NHKホール。目に飛び込んできたのは藤井直樹くん。

 

3回目はこの間。仕事で疲れ切ってベッドに横たわっていた金曜日の夜。あまりの衝撃にスマホを落としそうになった子。

 

 

 

 

え───ッ!!??好き!!!!!

 

 

自分でもストライクゾーンが広いなって思うし、ここに名前を挙げなかったアイドルは一目惚れじゃなくてジワジワ好きになっていったので更にストライクゾーンが広すぎるんだけど、恋に落ちちゃったものは仕方がない。したためます。

女子ドルは生駒里奈至上主義だったので、まさかまた恋に落ちる女子ドルが目の前に現れるなんて思ってもみなかった

 

 

 

その子の名前は、=LOVE野口衣織ちゃん

 

f:id:ssrrb:20190408134902j:image

 

余談だけど、この写真見た時、心の中で「衝撃的可愛さ!(cv:粗品)」って叫んだ。脳天をペロペロキャンディーで殴られたような衝撃を受けた。透き通るような透明感とちょっとヤンチャそうな雰囲気がたまらん。可愛すぎる。

 

 

もともと、イコラブはみりにゃこと大谷映美里ちゃんのお顔がたまらなく好きで、なんとなーく知っていたけど、本当になんとなくでしか知らなかった。申し訳ないほどに。マージでみりにゃちゃんのお顔が好きすぎる。インスタに投稿されるみりにゃちゃんのお写真見るのがベッドに潜り込んでからの癒し。寝る前にみりにゃちゃんのご尊顔を拝見すると最高の気持ちで眠りにつける。

 

 

その日もみりにゃちゃんのご尊顔を目に焼き付けてから寝ようと思ってベッドに潜り込んでからインスタ見てた。なぜかその日はインスタだけじゃなく普段はそんなに頻繁にはチェックしないTwitterのお写真も見よう〜🤗と思ってTwitterも見てた。さらに普段はほぼ見ない(ごめん)イコラブちゃんの他のメンバーのアカウントも覗こう〜🤗って思って、おすすめユーザーの一番上に来ている女の子のアカウントをタップした。その女の子が野口衣織ちゃんだった。

 

 

 

マジで野口衣織ちゃんのこと知ったのここ1ヶ月くらいだし、長いことオタクやってると、好きのハードルがものすごく高くなって舞台中見ていてたまらなく好きが募って「すき…( ;  ; )」と思いながら泣いたり*1、好きすぎてコンサート中ペンラ握りしめてメロったり、尊すぎて膝から崩れ落ちて全然知らない隣にいた開演前にちょっとお話しさせていただいたマダムに「大丈夫!?」って支えられたり*2するようなアイドルしか「好き」って公言しないほうがいいかなあ…って思ってしまうけど、最近「藤井くんっていいよね」って全然藤井担じゃない人が言ってくれるのちょっと嬉しいなあって思うようになったから私も「野口衣織ちゃんいいよね」くらいのテンションで今いる。ガチオタさんで嫌な人は嫌だろうけど。ごめんなさいね

 

 

 

野口衣織ちゃんの衝撃的にかっこいいお写真をベッドの中で拝見してから、力尽きた私は「とりあえず寝よ…」と思って爆睡かました後、目覚めてからも興奮が冷めてなかったので「YouTube見よ!!!!」と思って最初に見たのが『Want you!Want you! 』

 

 

 

ハ???かわいい

 

 

生駒さんが卒業してから、なんとなく女子ドルのパフォーマンス自体見てなくて。しかも生駒さんが卒業前も制服のマネキンとか、インフルエンサーとか、Againstとか、そういう表現力でこれでもかってくらいに殴ってくるパフォーマンスが私は好きだったから…。まあ、あらロマとか環状六号線とか太陽ノックとか可愛らしくて元気な曲も好きだったけど…。これは完全に好みの問題。

 

そんな中で、キラキラ!!かわいい!!ポップ!!女の子!!女の子!!!!って感じで、あまりの輝きに単純に元気が出てきた。

 

衣装もかわいらしくて、曲自体もキャッチーで素敵で、リアルな数字いうと4回くらい連続して見た。リアル。そのあとは次から次へと自動再生されるMV眺めて。

 

指原さんがプロデューサーってこともあるだろうけど、オタク心をうまーくくすぐってくるんだよね。全体的に。『樹愛羅、助けに来たぞ』とか、最初タイトル見たときは、はて?って感じだったけど、いざ見てみたらMVは制作費低予算そうすぎるのに、最高に楽しくて魅力がぎゅっと詰まってる気がしたもんね。まあ、そのあと作曲がヒャダインさんだって知って色々と納得しましたね。

 

 

 

多分、野口衣織ちゃんが輝く曲はきっと全部なんだろうけど、特に『手遅れcaution』なんだろうなあ、って初見で思って。マジでごめんなんだけど、MVの世界観に私は上手いこと入り込めなかったけど、多分パフォーマンス見たら好きなやつだと思うので機会があったら見てみたい…でもきっとハマる…っていう無駄な葛藤してます

 

 

1ヶ月経ってみて、イコラブ公式YouTube毎日見ることと野口衣織ちゃんのTwitterフォローして「圧倒的可愛さ…!」って悶えること以外、生活が大きく変わってはいないけれど、日本には素晴らしいアイドルがいるんだなァ、限られた人生の中で出会えるのは最高だなァ、って思えるので良いです。人生が豊かになる

 

 

薄っぺらい話しか出来ないけれど、あまりにも衝撃的な女の子に出会ってしまったので、私の記録として。5月の全握、ちょうど東京いる日程と被ってるわ〜!行くか!(チョロ)って思ったけどクリエねじ込んだので、また次の機会にでも。でも接触苦手だからもしご縁があればライブに行きたいかな。

 

 

以上、いま熱を上げている女の子のお話でした。チャンチャン。

 

 

探せ ダイヤモンドリリー(Type-C)(通常盤)(特典なし)

探せ ダイヤモンドリリー(Type-C)(通常盤)(特典なし)

 

 

 

 

*1:それ帝劇での藤井直樹さん

*2:それEXでの藤井直樹さん

注文の多い美 少年担

 

先週あげた記事がまあ重かったので、気を取り直して楽しくいきたいと思います!まあね、愛が重いのは担タレってことでね。そういうことにしといて。ね、なぁくん?

 

もうすぐ現場あるし、美 少年のみなさんにどの曲やってほしいかってだけのリストを羅列したブログ書きます。もうね、それだけ。私が見たい曲だけ。何も考えてない。本能で見たい曲選んでる。まあ私がどうこういう前にび〜に関しては選ぶ曲、やる曲が全部私と解釈一緒なので最高なんだけどね。でもあわよくば那須くんエゴサして「お、この曲いいね」ぐらい思ってくれたら嬉しい。いえ〜い!那須見てるぅ!!??✌️あ、でも間違っても気持ち悪いことしか書いてないんで藤井くんには教えないでね。焼肉おごってあげるからね。お姉さんとの約束だよ。

 

 

 

 

Vanilla /A.B.C-Z

東京B少年がドカンと一発かましたのはやっぱりJr.祭り2017の『BYAKUYA』だと思うんだよ。初日幕上がってTwitter見てみると「BYAKUYAやばい!」「那須くんの破壊力…」「東京B少年すごい……」みたいな興奮系ツイートから遺言系ツイートまで揃いに揃って溢れかえってたのを覚えてるし、当時まだ東京B少年ってそこまで浸透してなかったし、新しく出来たユニットね、くらいの存在感だった気がする、該当担以外のJr.担は。そんな中でど偉いインパクトを残したパフォーマンスだと思うの。

 

今、ユニット結成して3年経って、5忍者や少年忍者等々とさらにフレッシュな子達も出てきて、さらにはユニ名変わって転換期真っ只中だと思うんですよ。だから、またここで一発かましたい。そこでVanilla!!!

 

Vanillaって、ちょっと大人でビターな曲だから、年齢的にまだ早いかな?って思ったけど10代後半の青くさい今の時期だからこそ出せない色気だったり大人でも子供でもない、でもちょっと背伸びした雰囲気になる気しかしないから、挑戦してみてほしい…!

 

落ちサビは大昇が歌ったら映えそうだし、浮所くんのアクロバットが存在感醸し出しそうだし。あと、正直本人がどこまで自信持ってやれるのか分からないから理想論になってしまうけど、那須と一世のパフォーマンス中のアクロバット解禁にもってこいの曲なのかもな、って思って。あとは龍我ちゃんと藤井くんがダンスで引っ張る!

6人が6人とも歌唱力もダンススキルも「6人でのパフォーマンスの魅せ方」もメキメキ実力つけてきてる今しかない。正統派王道キラキラアイドルから挑戦状叩きつけてきてほしい。そんな曲が見たい。

 

 

 

EYES WITH DELIGHT/嵐

嵐の『風』を持ってきた実績があるので、び〜には絶大な信頼を寄せているのであえて言わせてください。

EYES WITH DELIGHTやってくれ!!!!

分かってる…。アルバム曲だし、かなり前の曲だしほぼ100%実現しなそうだと思ってるけど…!私は!!!!やってほしい!!!!!

 

前髪がなびくぐらいのそよ風を感じる、爽やかすぎるメロディーで、どこか甘酸っぱくて胸の奥がキュンとするようなこの曲を!!!び〜がやらずして!!!誰がやるの!!!???君たちだよ!!??君たちしかいないよ!!??

 

もし今後この曲やってくれる日が来たら涙流しながらペンライト握りしめてサビ一緒に踊ります

 

 

君だけを想ってる/嵐

いやもう『風』を持ってきた実績が以下同文って感じなんだけど、等身大でピュアな男の子って感じの曲なので…歌ってほしい……。

散々「一発かませ!!!!」って言ってる割にはび〜のイメージに合う曲をたくさん見たいんだよ……こんなワガママなオタクでごめんね……。

 

年頃の男の子だから、どのJr.をとっても分かりやすくかっこいい!!っていう曲を選ぶんだろうなって思ってるけど、10代後半って特別な時期だと思ってて。

前述したけど、大人でも子供でもない。少年でも青年でもない。1日1日成長し続けて同じパフォーマンスをしても昨日と今日で概念的に違うような、そんな時期しか歌えない曲があると思うの。いや、これマジで社長の「16、17、18の響きが好き!」みたいな話になってくるんだけど。やば。夢の国、ジャニーズアイランド!って私の頭の中で木霊し始めてきた。

社会の理不尽さもちょっとずつ知り始めたけどそれでも毎日がキラキラに見えてその理不尽さすらもキラキラをより一層輝かせるスパイスになって、カッコつけたいのにカッコつかないことも多いけどそれでも純粋に毎日生きてる、まだまだ青二才だけどそれすら魅力に変えてしまう、そんな年代だと思ってて、10代後半って。

そしてそういう曲って、嵐のデビュー〜20代前半くらいのアルバムにたくさんあって。IROあせないでとか、優しくって少しバカとか、身長差のない恋人とか、できるだけとか。だからこそ、デビュー前の10代後半20代前半の頃の岸優太くんと神宮寺勇太くんには『愛してると言えない』歌って、って何かにつけて言ってたし、きっとこれから絶対叶うことはないと思うけど一生いうと思う。

 

その中でも君だけを想ってるを歌ってほしいって思う理由はね、

君だけを想ってること 誇りに生きて

っていう歌詞が、そっくりそのまま藤井くんに想っていることだから

 

 

 

 

ぶつかっちゃうよ/SexyZone

 

 

いやもうこのツイート以上に言いたいことないんだけど、SexyZoneと美 少年ってきっと生まれた星が一緒なのでSexyZoneの曲が似合わないなんてことは絶対ないんですよね。ファンサ曲に使わないぶつかっちゃうよを見せてください、後生ですので……。

 

 

 

 

 

羅列するって言った割に4曲しか挙げなかったわ。まあね、普段から選ぶ曲やセトリに信頼してるからね!(とってつけた感)

 

クリエはソロもあるのかなあ。それぞれ初めてのソロ曲は何を選ぶんだろう。みんなが一番好きでやりたい曲やれたらいいなあ。ちなみに私は藤井直樹くんに直樹さんの人格なら二宮さんの『Gimmick Game』、なぁくんの人格なら聡くんの『Mermaid』を歌ってほしいです*1

 

 

 

 

 

 

まあなんだかんだ言ってきたけど

 

 

It’s SHOWBIZ‼︎が見たいです

 

 

 

*1:リクエスト多い客だな

本当は、もっと違う言葉を君に贈りたかった。

 

大学生の時、私含め周りには色んなオタクがいた。自担のスケジュールをスマホのスケジュールアプリに入れて「今日はきっと○○の収録だから△△にいる」とサラッと言うマネージャー気質なデビュー組担がいたり、推しの熱愛報道に打ちひしがれながら完璧なレポート提出する2.5次元俳優オタがいたり、めっちゃ真面目なのに突然「推しが…尊い…」って頭抱える声優オタがいたり、布教グセのあるアニオタがいたり、決まったブランドしか身につけない洋服オタがいたり、ゼミ早抜けしてPC抱えたままEXにガンダするようなJr.担がいたり……まあ、お察しの通り、最後のJr.担は私なんですけど…………

 

好きな界隈は違えど、何かしら好きな対象があって全力で追っかけてるみんなといると、死ぬほど楽しかった。定期的に「いまの推しはこういう状況」って報告しあったり、「推しプレゼン大会」開いたり。話す内容が100%理解できていたか、理解されていたかと問われれば、ちょっと自信はないけど、めちゃくちゃに話が早い。

 

友達の話は全部興味深かった。「推しが妻子持ちだなんて、週刊誌にすっぱ抜かれるまで知らなかったけど、なんとなくそうなんだろうなっては思ってた。でもいいの。推しの遺伝子が後世に残されたと思うと妻子持ちという事実はどうでもいい」って学食で日替わりランチ食べながら淡々と言っていた友達の横顔は衝撃的で今でも覚えてる。

 

私も「聞いて〜( ;  ; )」って泣きつくとみんな聞いてくれてありがたかった…。Princeの写真集を配った時も「青田買いしておくわ」って言って受け取ってくれたり。めちゃくちゃ楽しかったんだけど、唯一モヤモヤしたまま覚えてることがあって。

 

 

Jr.大賞ってなに???

 

 

この質問にうまく答えられなかったのを、今でも覚えてるし、喋れば喋るほど違うな?????ってなってたし、今でもJr.担以外の人に説明求められたらうまく答えられる自信がない。でも、Jr.担は、いや、少なくとも私はJr.大賞に重きを置いてる。数ある雑誌の一つの企画に過ぎないのに。

 

その時は48グループの総選挙みたいな……って濁して終わっちゃったけど、総選挙ともちょっと違う…。たしかに推しのために票を投じるのは共通してるけど、総選挙みたいに中継されるわけでも選抜入りしたりセンターになったり、明確な次の仕事が決まるわけでもない。1位になっても明確に決まってるのはアイドル雑誌の見開きページグラビアくらい。去年はJr.SOS企画があったからその後ソログラビアあったけど、明確な仕事ってなると本当そのくらい。でも、自担には恋人にしたいランキングに入ってほしい。恋人にしたいと思っていなくても自担に入れる。ただただ「恋人にしたいJr.○位」という肩書きが欲しい。「自担のためにこのくらい票を入れる人がいるんだよ」って見せつけたい。ランクインしたら、もしかしてデビュー出来るんじゃないか。多分色々と思うことや考えることはあるんじゃないかな。知らんけど。

 

 

もしかしたら、Jr.担でもJr.大賞にあまり重きを置いていない人もたくさんいるかもしれない。でも毎年なんだかんだ盛り上がるこの企画は、一種のエンターテインメントとしてJr.界隈のスパイス的存在なのかなあ、なんて思ったり。ちょっぴり残酷だけど。でも、だから、こうやってはてブロにウダウダ書いちゃうJr.担が出ちゃうんだよ〜。今日、我慢出来なくて書店でダッシュで買ってから車の中で袋とじペリペリ破きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大好きな藤井直樹くん、Jr.大賞おつかれさま。

どう受け止めてるのかな。私の想像以上に意外とケロッとしてるのかな。思い詰めてなきゃいいけど、って色々考え過ぎてしまってる、私。考え過ぎなんだよなあ、きっと。私は。

 

 

ごめんね、藤井くん。

 

 

いま、藤井くんが欲しい言葉が分からない。だから、私があげたい言葉を伝えます。

 

 

ごめんね。ごめん。その言葉しか出てこない。

 

 

 

Jr.大賞、見ました。

 

King&Princeがデビューしたことによって、ガッチガチに固まってたランキングが今年は大幅に変わるってことはきっと誰が見てもわかってた。

 

去年はあまりにもガチガチすぎて、高校生以下部門とか新設されたり。そうだよね、私も編集部の一員だったらそうすると思う。それによって若手Jr.が日の目をみることが出来たんじゃないかな。

 

でもね。

 

去年、藤井くんはどこにもランクインしてなかったの。高校生以下部門でも。他の美 少年のメンバーはそれぞれ入ってたのに、藤井くんの写真が何度探しても、隅々見ても、どこにも載ってなかった。

 

当時はまだ、藤井担ではなかったけど、それでもとてもショックで悔しかったことを覚えてる。いや、お前その時藤井担じゃないやないかーい!ってなるけど。いや…ね……。

 

今年もページをめくれどめくれど、大好きな笑顔が見つからなくて、隈なく必死に探したけどそれでも見つからなくて。

 

 

車の中で結構な時間、呆然としちゃって。さっさと帰ればいいのに。さっきまでの早く結果を知りたいけど一生知りたくない…っていう変なドキドキを引きずりつつ、あー、ごめんなー…って思いながら響くエンジンの音だけ聞いてた。

 

ごめんね。恋人にしたいも入れてあげたかった。1位になりたいって言ってたおしゃれ部門も。1位にしてあげたかった。悔しい、悔しいよ、私は。

 

「あげたかった」って言葉、上から目線みたいだし何様なの?って感じだけど、私の文章だし私の思ってることだし、語弊恐れずに喋る。私は、藤井くんをせめて何か一つでも1位にしてあげたかった。

藤井くんの本心は、きっと一生知ることはできないから。勝手に推測して話すオタクでごめんね、だけど、言うよ。だって、私は悔しかったから。

 

「2位じゃダメですか?」って私の中の蓮○さんが詰めてくるけど、2位じゃダメなの!!!1位じゃなきゃ!!!私は!!!!ダメなの!!!!あー!悔しい!!!!

 

私なんて、客観視したらきっと貢献できるオタクじゃない。でも、「もうちょっと頑張ればよかったかな」って思ってしまうから、さらに悔しさが増す。あの時は100%だと思っていたけど、蓋開けてみて、もしかして10%にも満たないんじゃないか、って思ってる。いい加減にしろ(私)じゃあウダウダ言う前にもっと頑張れよ(私)文句言う前に黙って貢献しな(私)

 

でもいつかきっと、私1人が100お金出すんじゃなくて、100人が1お金出すのが理想型になるんだろうなあ。まあ、でもその時が来るまでこのままでいさせてほしい。

なんてったって私が働いて稼いだ金!私が使いたいから君に使うだけであるから、もし万が一エゴサしてこれが引っかかっても、この世にごまんといるOLが自分の金好きに使ってるんだなあ…って遠い目で眺めて欲しい。でも、好きでやってるだけと言いつつ「1位にしてあげたい」って思ってるから迷惑な話だよな!そうだよなぁ!?なぁくん!?辛え!!Jr.担引くほど辛え!!!せっかく「来年こそは卒業するぞ!」って思ってて、やーっと去年「やったー!卒業だー!」って思ったのに、結局今年もJr.担してる!!なんだこの人生!?辛え!!!辛えのに!!!超楽しい!!!!藤井担!!!超楽しい!!!!!!!悔しい!!!!!!!!!辛え!!!!!!!!!!!!でも!!!!!!!!!!!!超楽しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

いま大学生の頃周りにいたオタク達に会ったらJr.大賞なんて説明するんだろ。てか昔病みながら泣きついたらそのうちの1人に「Jr.担ってどうやって精神保ってんの?」って聞かれたの思い出したわ。ご覧の通り精神保ってません。

 

ワガママなオタクだから言うね。君がいまどんな気持ちか理解できないまま話してごめんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

来年、もう一回チャンスが貰えるなら、その時は。

楽しみにしててほしい。

 

 

 

 

第1回「藤井直樹くんのここが好き!」選手権の開催をここに宣言します(審査員長:私)

 

藤井直樹くんがとても好きだ!

お前が好きだ!

一生好きだ!

バカみたいに好きだ!

 

 

日に日に藤井直樹くんが好きだ!って気持ちが膨れ上がっていくんです、最近。いや〜、びっくり。好きの気持ちに限界がねえ。人間、好きっていう気持ちを収める壺があるとするじゃないですか。好きという気持ちが蛇口をひねって出てくる水みたいにその壺に流れていくとするじゃないですか。もう蛇口は全開なのよ。ドバドバ流れていくわけよ。でも壺の大きさは決まってるわけじゃん。水は溢れ出るわけよ。それでも蛇口は全開なわけ。無理じゃん。もう壺の大きさとか関係ねえ。好きな気持ちが全開。新しい壺用意するしかないわけよ。

 

まあイマイチ分かるんだか、分からないんだか微妙な例えだしてしまったけど、要は藤井直樹くんマジで好きなの。好きなんだよマジで!って私の心の中のケンティーがずっと叫んでる。

 

この間、友達に「お酒飲んでる時よりシラフで藤井くんの話してる時の方がヤバイよ」って言われて、めっちゃ「分かる…」ってなったんだけど、もう好きが溢れすぎて藤井くんの話してる時冷静さを欠いてるんだよな……。至って真面目に話してるけど、言ってる内容が何言ってるか自分でも分からない時ある。

私は藤井くんのことを本気でかぐや姫だと思ってる藤井担なので、まあ、そういうとこだよな

 

 

 

とにかく、私は藤井くんのことが好きだ!ってことです。めちゃくちゃに好き。世界一好き。銀河一好き。そういう今の気持ちをみじゅが代弁してくれたのでこちらを採用します

 

f:id:ssrrb:20190214220915j:image

 

本当は全人類が藤井直樹の魅力に気付いて私みたいに楽しく苦しんでほしいし、ひれ伏してほしい。だけど藤井直樹にひれ伏すということは人生観が変わってガラリと人生そのものが変わることを意味するのでそう簡単に藤井直樹を布教するのは如何なものか?と最近自問自答する時間が増えました。人生変えたい挑戦者だけこっちにおいで。人生楽しいよ

 

というわけで、なんで私が藤井直樹のことがこんなにも好きなのか、それをただ分かってほしい!だから書く!誕生日でも入所日でもないのに!なんなんだ!いやでも!何気ない今日という日が僕らの記念日だって敬愛するKinKi Kids先輩が言ってたし!

 

 

 

第1回「藤井直樹くんのここが好き!」選手権開催〜!!!審査委員長は私〜!!!

 

 

 

アイドル性

 

藤井直樹くんのアイドル性に今更言葉を当てはめるような文系オタクを許してほしい。でも藤井くんの好きなところを語る上でここは外せない。藤井直樹くんは最高のアイドル。アイドルという職業を選んでくれてありがとう…。

 

アイドル性って一言で言えば簡単だけど、とても解釈が難しい言葉だと思う。100人アイドルがいたら100通りの解釈があるし、100人オタクがいたらまたこれも100通りの解釈があると思う。どれが正解かなんてないし、きっと全部が正解だと思う。

 

その中で私は藤井くんが信じる「アイドル」がたまらなく好き。藤井くんってきっと自分の中で「アイドルってこうあるべきだよね」「理想のアイドル像はこうだよね」っていう「自分なりのアイドルの解」があるんだろうなあ、って思ってて。

表情豊かに楽しそうに踊るのも、ウインクのタイミングも、元気なCジャンプの高さも、首をかしげる角度も、何もかもが藤井直樹というアイドルの世界観と合っていて、そんな藤井くんが信じるアイドルの解が、私は大好き。国内外のアーティストのパフォーマンス勉強してるっている姿勢ももれなく大好き。

 

ここ最近で、私が一番藤井直樹というアイドルにひれ伏したのはJOHNNYS' King&Prince IsLANDのワンシーン。美 少年が三味線を披露する日本の美コーナー。ステージでは岸優太くんがメインになって一身にスポットライトを浴びながらパフォーマンスしてる中、舞台袖から照明が当たっていない状態で静かに美 少年が歩いてきてスタンバイ。自分の立ち位置についたら藤井くん静かに目を閉じていたの。そして美 少年へ一気に照明が6人に注がれるまさにその瞬間、ガッッッ!って藤井くん、目をかっぴらいたの…。それだけでもう好きじゃん?そもそもで三味線の藤井くん、浮き出る手の血管や綺麗で無駄のないフェイスライン、ふさふさのまつ毛…すべてが造形美すぎてしんどいってのによォ!なんなんだよォ!って帝劇で双眼鏡握りしめながら心の中で泣いてたんですよ、私。もうこれ以上好きになれないっての。十分好きだっての。グッズ購入制限なかったら幕間またステフォ買い漁ってたわ…と思っていたらよ。三味線パフォーマンス終わって決めポーズもしっかり決まって暗転する1秒前、彼、何したと思います?暗転する1秒前ですよ?彼、片方の口角をニヤリとあげて妖しく笑ったんですよ…。暗転直前じゃん、言うても。でもその1秒もちゃんと全力でパフォーマンスするんですよ、彼。本当こわいじゃん!そんなの!もし私が終わったと思って油断して双眼鏡降ろしてたらそれ見れなかったわけじゃん!好きすぎるじゃん!ずるい!藤井くんったら本当にずるい!最高のアイドルじゃん!ひれ伏すしかないじゃん!ステージに立ってる時間は1秒たりとも「アイドル」であることを忘れない藤井くんの理想のアイドル像信じられるじゃん…。

 

パフォーマンスだけじゃない。「僕が見てる側だったら手を振られた方がうれしい」と言ってコンサート中笑顔で手を振ってくれる藤井くんはさながら天使。否、もはや下々の民に手を振ってくださる神。神が!!御手を!!自身の体力をお使いになって!!振ってくださっている!!って感動しながらペンラ握りしめてる。そうなるともうこっちはペンラを振るという行動を抑えてでも全神経と全体力を視力に注いで藤井くんを見たい。藤井くんの一挙手一投足を見逃したくないから視力にしか自分の体力使いたくない。だから視力もできれば落としたくない、私の目と藤井くんの間に眼鏡もコンタクトレンズも入れたくない。この目で藤井直樹を見たい。だけど双眼鏡は使うという矛盾。夏のボーナスでは防振買いたい。もう夏のボーナスめがけて生きてる。すべては藤井直樹という最高峰アイドルを全力で見るため…。本気でアイドルしてる1人の男の子の輝く瞬間を見逃したくないから…。瞬きするのも惜しい…。私が瞬きした一瞬が、その日イチ藤井くんが輝いた瞬間だったら…と思うと怖いから…。………え、なんの話????

 

 

表現力

 

藤井くんって、アイドルであると同時に表現者なんですよ…。板の上に立ち、舞い踊る藤井直樹はそりゃあもう表現者ですよ。花がパッと咲き乱れる春のような暖かくて無邪気な藤井直樹な時もあれば、夏の太陽のようにジリジリと情熱的なのにどこか涼風のように爽やかな藤井直樹の時もある。木々が色づきどこか儚げで寂しさを感じる秋のような藤井直樹も、静かにハラハラと舞う雪のように静と動が混合した冬のような藤井直樹だって見せてくれる。大天使様!と拝みたくなるような真っ白な衣装が似合うピュアピュアょぅじょな時も、ギラギラの目つきで「狙った獲物は逃がさない」感満載の真っ黒な衣装が似合うオトコな時もある。1公演ずっと、藤井くんを見続けていたら、藤井くんが魅せてくれる“藤井直樹”が波のように押し寄せてきて必ず溺れる。そのくらい、藤井くんの表現力はすごいと思ってる。

 

なかでも私が一番好きなのはダンスしてる時の藤井くん。もともと幼い頃からダンスを習っていてダンスがうまいし、本当にダンスがすきなんだろうなあ、って伝わる。関節がエグイ動き方するダンスするし、足めちゃくちゃにあげるし、常に全力シャカリキダンスだし、かと思ったら艶やかに舞うし。でもそれだけじゃないの。

藤井くんのダンスを見ていると何よりもワクワクする。たっくさんの感情を載せて舞い踊る藤井くんは“表現者”という言葉がよく似合う。コズメロのお星さまのように眩いキラキラパフォーマンスと、僕ミスのように妖艶なギラギラパフォーマンス見せられたらもう、オタク、降参ですわ…。

 

youtu.be

youtu.be

 

交互に見てください。そして一緒に藤井直樹という抗えない波に飲まれましょう。

 

 

 

みんな知ってた?藤井くんってめちゃくちゃ声がいいんだよ!!!!

ちょっぴり低くて甘くて優しい地声ももちろんとーっても素敵なんだけどね、藤井くんの声って七変化するの!!すごいでしょ!!すごいんだよ!!

 

恋愛シュミレーションゲームにでてくるようなイケボの時もあるし、糖尿病なっちゃうくらい甘ったるいキャラメルボイスも出せるし、「お、今しゃべったのは幼女かな?」ってくらいハイトーン幼声でしゃべる時もあるし、ミッ〇ーの声真似しながら普通にしゃべってる時もあるし、まあ、あとはナチュラルに奇声あげてるときもある、うん。ちなみにメンバーは慣れっこなのか奇声あげても誰も触れないんすよね…。メンバーに雑に扱われてる藤井くんめちゃくちゃ可愛い…。

 

声色もそうだけど、藤井くんって話し方も上手なんだよね。抑揚のつけ方とか声のトーンとか、どこかで勉強したのかな?ってくらい上手。私、大学の専攻がそんな感じだったから藤井くんの話し方聞いてると「これ、私が講義で聞いた話し方のポイント全部抑えてる…」て思う。ナレーションのお仕事もほしいし、夢は大きく声優のお仕事もいつかきたらいいなあ!そのくらい藤井くんの声は可能性を秘めていると思うの…。クッ…。悔しい…。私が有名プロデューサーなら即藤井くんの可能性に賭けるのに…。なんで私は有名プロデューサーじゃないんだろ…。会社員やってる場合じゃないわ…。プロデューサー…プロデューサーにならなきゃ…。

 

youtu.be

 

 

 

結局ここにたどり着く。藤井直樹、顔がすこぶる良い。究極の愛されフェイスをしておられる。この前、カワウソの赤ちゃんと撮ったツーショット、きゅるきゅるすぎて、どっちがカワウソの赤ちゃんか分からなかったもんな。“かわいい”が大気圏突き抜けてんだよ、藤井直樹。これから国語辞典の“かわいい”の説明、「藤井直樹のこと」って書いてほしいわ。かわいいは才能。

 

なかでも私は藤井くんの目は好き!零れ落ちそうなほど大きくてつぶらな瞳、水分量が多くてウルウルな瞳、まっすぐで穢れのない透明な瞳…。藤井くんの目について言葉をつけるときっと色んな表現が出てくるような綺麗な目なんだよ~…。私が松尾芭蕉だったら藤井くんの目を題材にして一句詠んで歴史の教科書に載せられたのに…。素晴らしい感性と豊富な語彙で美しく藤井くんの詠みたい…。無念…。そして、この世の名だたる小説家の皆さまが藤井直樹の瞳をどういう言葉で綴るのかめちゃくちゃ興味ある。あ~、突然、恩田陸さんや朝井リョウさん、伊坂幸太郎さん達が藤井担ならないかなァ

 

あとくっきり二重も外せないね!!藤井くんくらいはっきり二重が分かったら私だって色んなアイシャドウで瞼を弾ませたいよ~…。

そして涙袋も最高だよね!!!ぷっくりしててかわいい…。藤井くんの涙袋には夢も希望もロマンスも愛も星屑も詰まってるんすよ…きっと…。 

そんな藤井くんの二重幅は3mm、涙袋の高さは4mmです。夢しかねえわ。そりゃ女装しても可愛いし、女装しなくても可愛いわ。橋本涼さんもなぁくん♡ってメロオタなるし、猪狩蒼弥さんも藤井くんに女の子になりきって危うく男を誘惑する表情して♡ってリクエストしちゃうわ。人生狂わされちゃうよな…。わかるよ…、わかる…。なんたって藤井直樹は“かわいい”の擬人化だもんな…。ウッ…。かわいい…、かわいいの過剰摂取で呼吸ができない…。なんてかわいいんだ…。藤井直樹はかぐや姫だよ…。蓬莱の玉の枝も、仏の御石の鉢も、下鼠の裘も、龍の首の珠も、燕の産んだ子安貝も、全部全部探し出すよ…姫がご所望ならね…。

 

 

 

最終的にかわいい…以外の語彙を失くしましたが、以上で第1回「藤井直樹くんのここが好き!」選手権ノミネート作品の紹介を終えたいと思います。まだまだ藤井直樹くんの好きなところがあるので、語彙と文章構成力を磨いてから第2回を開催したいと思います。まあ、未定ですけど。

 

なんでこんなにも私が藤井直樹くんのことが好きなのか、1ミクロンでも分かっていただけたら幸いです♡

 

 

藤井直樹くんだいすきだよー!♡